はんこを作成する方法

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

はんこを作りたいと思ったら専門業者へ依頼をするのが一般的ですが、それぞれ業者によって作成方法が異なります。作成方法が違うと仕上がりにも影響するのではんこを作るならどんな作成方法があるのか把握しておくといいです。では具体的に作成方法についてを初めに説明します。

まず1つ目は手仕上げ印鑑です。これは一見手彫りと思いがちですが、実は粗彫りを機械で行い、最後に手で仕上げる方法で製作しています。作成方法としては機械と手を使用しているのでスムーズですが、業者によっては機械で作り最後に手で仕上げても手彫りと呼んでいることもあります。しかし、機械を使用している以上手彫りではありません。買う前には確認すると失敗はしないでしょう。

続いて2つ目は機械彫り印鑑です。これはその名の通り機械で作られているはんこのことを言います。機械彫りで仕上げているはんこは仕上がりまでのスピードの速さが魅力ですので、認印などに選ばれることが多いです。

最後に3つ目は手彫り印鑑です。これは機械を一切使用せずに全ての工程を職人の手で進めています。手間暇がかかるのである程度時間がかかりますが、機械では得られない仕上がりになると言われています。一生もののはんこを手に入れたい場合は手彫りを選ぶとよいでしょう。

このように、作成方法は3つありますが、悩んでいる人は特徴などを把握しておくと選ぶときに迷うこともありません。このサイトでは手彫りでの作成についてと通販での購入についての2点をお話します。